読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっぴーなことだらけ

あひるの冒険記録!!実体験から自分の視点で。経験者は語る。やっぱ自分でやってみないとね。百聞は一見にしかずなのだよ。感じたことををありのままに。

低容量ピルを服用して実感した効果と副作用。

はい!強めなあひるです。

今回は低容量ピルについて、実体験をもって書きたいと思います。

ちなみに服用歴は7年くらいになります。今も毎月服用し続けています。




低容量ピルってなに?

経口避妊薬と呼ばれる。一番確実な避妊法として飲まれる薬のこと。

避妊以外にもメリットがあり、月経周期が正しくなったり、月経困難症の改善や出血量の減少、ニキビの改善などに効果がある。


飲み方は3週間、毎日同じ時間に1粒のピルを飲み、1週間休薬するというのを繰り返す。


私がピル服用を始めたきっかけ

私は月経困難症が重いほうです。月経痛がひどくて立ってられないときもあり、痛みのせいで吐き気があったりもしました。それで月経のときには毎月鎮痛剤に頼りっぱなしでした。鎮痛剤を飲み過ぎて、胃腸炎になったりもしました。



産婦人科に相談に行ったら、検査をされ、子宮内膜症の疑いもあるとの診断でした。そこで、提案されたのが低容量ピルです。


月経困難症にも効果があり、出血量も軽減されるので子宮内膜症の改善にも効果があるとのこと。避妊薬だけど、それ以外の理由で飲んでる女性も多いそうです。


血液検査をして、副作用や服用方法の説明をしっかり受けて、飲んでみることにしました。



服用して効果を感じられたこと

●まず、1番わかりやすいのは月経痛がなくなったこと!これには毎月悩まされてきたため、本当に感動しました!!もう鎮痛剤も必要ありません。


●そして、出血量が少なく日数も減ったこと。以前は多量で頻繁にトイレに行かなきゃ不安なほどでしたが、それが半分以下の量になりました。日数も短くなり、とにかく楽です。


月経周期が正しくなった。ピルをシート通りに飲んでいくと、休薬期間に必ず月経がくるようになりました。おかげで旅行などの予定も立てやすくなり、飲み方一つで月経のタイミングをずらすこともできるので非常に便利です。



副作用について

頭痛や吐き気、下痢などが起こる場合もあり、血栓症や子宮体がんや乳がんなどの発症が増えると言われているので、体の変化に気を使ったり定期的な検査も必要です。

私は今のところ、困っていることはないのですが、服用してから変わったことはあります。


太りやすくなったこと。若干ですが、服用前よりもむくみやすいかなーっていうことと、肉付きがよくなった気がします。乳房の張りもあり、カップ数も上がりました。

ちなみに一度、ピルを服用停止された期間が3ヶ月ほどあったんですが、そのとき何もしてないのにすごく痩せました。しかし、また服用開始すると元に戻りました。



注意するべきこと

●病院で定められた期間で定期的に血液検査をすること。体に異変が起きたら服用を中止して、病院で相談すること。


●血栓症の恐れがあるので、注意が必要。非喫煙者でも、周りで吸ってる人が居れば副流煙を吸ってることになるのでなるべく避ける。


●避妊を目的として飲む場合は、飲み忘れに注意して正しく服用しないと効果を発揮できないことを理解すること。また、性感染症は防げないので注意すること。



ピルとの生活

私は避妊目的ではなく、月経困難症と子宮内膜症改善のためにピルを飲んできました。


詳しくはまた別で書きますが、その後に卵巣嚢腫という病気にもなりました。これは原因は不明だけど珍しくはない病気です。卵巣嚢腫が発覚してから2年様子を見て、手術をしました。

幸い、腫瘍は良性だったので腫瘍部分を取るだけで済み、子宮や卵巣はそのままあるので妊娠もできます。ですが、その手術で卵巣も多少ダメージを受けました。

なので、尚更ピルの服用が重要になりました。ピルを服用することで、排卵を止めることができるので、卵巣のさらなるダメージを軽減できます。


今となっては私にとってピルはなくてはならない存在です。重度の月経痛から救ってくれたことからはじまり、今後の妊娠のためにも卵巣を守ってくれています。


私の友達や知り合いでも、低容量ピルを服用している人は何人もいます。飲みたいけど、喫煙者だからダメな人、事前の検査で医師に止められた人もいます。

興味がある方は、気軽に産婦人科などで相談してみたらいかがでしょうか?

ただ、飲み方のルールがあり、副作用などのデメリットも個人差によって違うので、よく理解することが大切です。