はっぴーなことだらけ

あひるの冒険記録!!実体験から自分の視点で。経験者は語る。やっぱ自分でやってみないとね。百聞は一見にしかずなのだよ。感じたことををありのままに。

超電磁つけ麺で冷や盛りでも最後までアツアツ!

どーも!強めなあひるです。

もともとつけ麺はそんなに食べず、ラーメン派なんですが、たまーにつけ麺が食べたい!!って気分のときがあるんですよね。


あと、ここの店はラーメンよりもつけ麺推し!ってお店だと、つけ麺を選びます。



麺処 しゅう

歌舞伎町の真ん中らへん。

結構前から気になってたけど、行くタイミングのなかったお店へやっと行けました。


平日 20:00 1名

外からも若干店内が見えるようになっており、まだ誰もいなかったので1人でそそくさと入りました。


すごい!
これは初めて見た!
超電磁つけ麺とはこのことか!!



カウンター席と、テーブル席とあったのですが、全ての席にIHヒーターがついており、手元のボタンで加熱調節できるようになっていました。


鍋物じゃないんだし、加熱しながら食べられるってなかなかないよね。


メインメニューは、つけ麺・醤油ラーメン・味噌ラーメン・油そばの4択。

それと餃子やおつまみ系などもありました。


店員さんにどれがいいか聞いたら、


初めていらしたならやっぱりつけ麺ですかね。 加熱するのつけ麺用なので。
僕個人的には油そばもオススメです。



と言われたので、油そばにも惹かれつつ
つけ麺を選択。




まず先にスープがきました。

登場したばかりのスープは湯気も立ってなくて、ぬるいようでした。

ここで、手元のボタンで電源を入れて加熱スタート!

だんだん湯気も立ち、グツグツと煮えてきたので加熱の強さを調節。


麺もきたーーーっ


濃厚白湯つけ麺 ¥860

大盛り無料でしたが、並盛りにしときました。


中太のたまご麺に、なると、のり、メンマ、チャーシューがのっています。

麺は冷や盛りでしっかり締まっていました。

つるしこのたまご麺に熱々の濃厚スープがよく絡んで、おいしい!!


そして、麺の冷たさで冷えたスープが手元で加熱できるので、最後まで熱々を味わえるという素晴らしさ!!

超電磁つけ麺バンザイ!!


チャーシューは私好みじゃなかったんですが、スープの中に入ってるダイス状に小さく刻まれたお肉(チャーシューとはまた別のもの?)がおいしかったです。


最後はポットで用意されてるスープ割りを入れて飲んで、ほっこり。


私が出る頃には2組4名ほどお客さんがいて、
店員さん1人だったので忙しそうでした。

お会計はレジにて後払いだったので、
そう考えると食券機って便利だなーと思いました。


ごちそうさまでしたー!

落ち着いたあたりでお会計をしてもらい、お店を後にしました。




麺処 しゅう
●住所:東京と新宿区歌舞伎町2-22-8第八金嶋ビル1F
●TEL:03-5272-1377
●営業時間:24時間営業
●定休日:無休